2014年6月14日 中央区立泰明幼稚園で安全教室を行いました。

2014年6月14日、中央区社会福祉協議会の皆さんと泰明幼稚園で安全教室を行いました。

泰明幼稚園は島崎藤村や北村透谷も通ったという泰明小学校と同じ敷地内にあり、銀座駅からすぐというまさに「都会のどまんなか」でありました。

当日は参観日で、保護者のかたも安全教室に参加していただきました。「20メートル走って逃げる」体験を一人ずつ行いましたが、走っている子の応援もしっかり出来て大変盛り上がりました!

ご協力いただいた保護者の方々・先生方、ありがとうございました。

幼稚園、保育園での防犯防災体験教室

体を守るカメのポーズ
体を守るカメのポーズ

1月11日土曜日、文京区内幼稚園・保育園(幼保連携)で、防犯防災体験教室がおこなわれ講師として参りました。



年長さんは、一人で行動することが春から増えるので防犯、年少さんは、防災教室を行いました。



この幼・保育園では、PTAが体験教室を主催しており、今年でもう4年め。この教室の為に土曜日、保護者を集め、子ども60人、大人60人がいっしょになって体験しながら学ぶ機会を作るのは、素晴らしいなと思います。


実は、就学前でしか、なかなか親子で一緒に学ぶ機会はありません。楽しみながら、親子でゆっくり体験する機会をつくってくださったPTAの皆さん、先生方に感謝いたします。私たちも楽しい時間でした。ありがとうございました。

(写真は、地震の際に体を守るカメのポーズをとっているところ。ただし、今回の幼稚園での教室の様子ではありません)

地震からの安全講座開催のお知らせ

8秒の間にどこに逃げ込めるか
8秒の間にどこに逃げ込めるか

地震に関する講座を、大人の方対象に行います。

開催日 11月12日

場所 文京シビックセンター 学習室

時間 午前10時~11時

地震が起きてから5分8秒の間生き残るための、体験型講座です。

お気軽にご参加ください。

お申し込みは

info@safety-education.org

まで。

親子サバイバル教室が開催されました。

揺れを想定した台の上でウサギのポーズの練習
揺れを想定した台の上でウサギのポーズの練習

7月23日、文京シビックセンターにて、親子サバイバル教室が開催されました。今回は防災と防犯について、親子で体験しながら学んでいただくプログラムでした。5分8秒を生き残るためのプログラム、地震が起きた後起こりうる犯罪被害から自分を守るプログラムで構成された2時間でした。参加してくださった方々は「やってみないとわからないことがたくさんあった」「いかにできないかよくわかった」など、たくさんの感想をおっしゃってくださいました。

7月29日にも、文京区教育の森スポーツセンターで体験型防犯教室を開催しました。こちらは幼稚園児の皆様がご参加してくださいました。広い柔道場で、走り回りながら、元気に、自分で自分を守ること、体験していただきました。ご参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。