20メートルを走ればよいの真意

「20メートルを逃げればよい」の真意

先日フジテレビで「少女ワイセツ目的殴打事件」の説明の際、「20メートル逃げれば良い」との説明がなされました。恐らく当研究所の研究結果を援用しての説明だったと思います。

「20メートル逃げれば良い」が誤解を生みそうですので確かな意味をお伝えしておきたいと思います。

子どもを襲う犯罪者の気持ちは、子どもが20メートルを走って逃げ切り追いつけず、さらに距離が詰まりそうもない状況下にある場合、犯罪者は追いかけることを確かに諦めます。

具体的にいえば15メートル追いかけた段階で「駄目かな」という気持ちが強くなり、20メートルの地点で「これ以上追いかけても駄目だ。やめよう」と言う気持ちが支配します。(ミネルブア書房刊、「犯罪からの子どもの安全を科学する」。小学館近刊、犯罪と地震からの危機「その時どうする」)。

 こうした「気持ち」と「距離」の関係の抽出は、その気になって子どもを追いかけた複数の元犯罪者、及び複数の普通の青年(架空であるが「子どもを襲うとやるきになった」)と子どもが追い駆けっこした実験結果に基づいたものです。(当研究所作成ビデオ参照)。

  なぜ「諦める気持ちが生まれる」か。

犯罪者が犯罪の実行に際して、ともかく心掛けることは「良い獲物を楽して手に入れ、しかも捕まらない」ということです。

ですから犯罪者は、楽して獲物に近づき(手に入れ)、なおかつ捕まらない(逃げやすい)ように努力します。

逆に言えば、犯罪者の犯行は、手に入れやすく逃げやすいという条件が満たされていると思えば、どこでもいつでも噴出します。犯罪者の「やる気」です。(この「やりやすい」「やる気」の構造に関しては新潮新書、「犯罪者はどこを見ているか」参照)。

なぜ20メートルで「やる気」が失せるのか。理由は2つあります。

 子どもが20メートル逃げる、それを犯罪者が追いかける。こうした追いかけっこ状況を想像してみて下さい。

「やりたい気持ち」に駆り立てられている犯罪者といえども、獲物を手に入れるには20メートルは楽な距離ではありません。実際、20メートルを走ってみてください。

また犯罪者は追いかけながら考えています。慌てふためき叫びながら走る子どもを、息せき切って追いかけている大人を通行人や近所の人が見て「どうにもおかしい」と判断しませんか。きっと通行人や近所の人は、犯罪者の後を追いかけて行くでしょう。結果として犯罪者は捕まります。犯罪者はそれが怖いのです。

追いかけている犯罪者にとっては、損益計算からして益(可愛い女の子)よりも損(捕まる)危険性の勝るポイントが20メートルということなのです。狡猾な犯罪者は、息の続く限り追いかけるものではありません。損益を考えながら襲います。

今回の事件現場になぜ私どもが実査に行ったかというと、通常のこの種女子児童被害事件に比較し、明らかに「異常と思われる事件」だったからです。異常というのは、①事件の起こる前に前兆もなく、②被害児と面識関係もないのに、③夕刻とはいえ視線がまだ通る場所で、④突然襲いかかり、⑤これほどの損傷を少女に与え獲物をみるめもむごく痛めつけている(普通、可愛いままで襲いたい)、⑤しかし目的を達してない、達せそうにないと見ると、さほど離れていない娯楽場のトイレ奧に逃げこみ(犯罪者は犯行後可能な限り遠くへ逃げようとする)、⑥呼びかけに応じて素直に出てきたらしい、という6つの点で感じ取ったことでした。

もし、このような犯罪が、本当に日本で通常の状態で起こったならば、これは犯罪発生に画期的な、あるいは欧米で稀に見ることができない犯罪が我が国でも生じた可能性が高いと考えられます。実際には、この事件は、昭和30年代ま言われたパターンの犯罪ではないか、と推測された結果、現場に行ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*