東京都子供見守りボランティアリーダー育成講座にて、子供と犯罪についてお話してきました。

 東京都青少年・治安対策本部の方が今回開催した講座(1月12日、19日)に、子供と犯罪について、清永理事長と原の二人で、お話してきました。ボランティアの前線にいる方々の前でお話するのは、大変恐縮でありましたが、なぜ、犯罪がうまれるのかという話から、犯罪者の種類、また、どのような子供を狙うのか、狙われないためには、どうしたらよいのか等のお話をしてきました。

 1月26日の新聞の記事によると、全国の公立小学校などの通学路での危険な場所が、7万4000か所と記載されておりました。これは、主に交通事故などの危険か所でありますが、この講義でもお話したように、危ない目に合わないためにも、子供は、「前をみて歩く」、「20m先を見ながら歩く」または、ボランティアの方も前後左右20m先を意識しながら見守ること、事故や犯罪を未然に防ぐことにつながりますので、意識して頂ければと思いました。

 講義の場を設けて下さった治安対策本部の皆さま、聴講下さったボランティアの皆さま、本当にありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*