文京区内小学校での体験型安全教育

昨日、文京区立明化小学校で体験型安全教室を行ってきました。一年生は各教室で、2年生は体育館で行いました。教室の中でも机を全部下げれば、たくさん体験授業が行えます。大声を出したり、ジタバタしたり、ロケットダッシュしたりと、子どもたちは保護者や先生方と一緒に学ぶことができたのではないかと思います。

 練馬の事件を受け、保護者の方々はご心配のご様子でした。しかし、見慣れぬ車、見慣れぬ人、はちみつじまんの様子の人がいたら、学校や警察にすぐ知らせる、お友達に伝えるなど、情報をきちんと集めて的確に行動することで未然に防ぐことはできます。6・3・2の法則で、情報をキャッチし、いざとなったらスクラムを組んで、子どもたちを守りましょう、とお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*