小学校、特別支援学校、高等学校での体験型安全教育

先週は、青山小学校の放課後クラブ、八王子の特別支援学校、東村山の高等学校で授業を行いました。すべて体験型で、発達段階に沿った内容で行いました。

私たちは実際に、犯罪者との実験、研究を基にプログラムを立てています。やみくもに走る、声を出すのではなく、犯罪者の行動に沿いーたとえば、何メートル先から狙ってくるか、どういう子どもを狙ってくるか、などープログラムを作っています。いま、こういう授業がとても必要になってきています。事件のない世の中であってほしいのですが、実際に、事件が起きてしまう昨今、たくさんの子どもたちに、この授業を受けていただきたいと思っています。ぜひ、親子での参加、お待ちしています。私たち主催のワークショップは7月29日、文京区教育の森で行います。お申し込みは、こちらまで info@safety-educaton.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*