「5分8秒を生き残る」

地震からの安全教育プログラム(「5分8秒を生き残る」子ども向け 3歳~大学生)

地震からの体験型安全教育の目的

地震は時と場所を選びません。体験型安全教育プログラムでは、どこにいても、誰といても自分で自分の身体、命を守るためにどうするか、何ができるかを体験的に学びます。

安全な場所に「避難できる」身体を維持するために必要な判断力を養う事が目的です。

地震からの体験型安全教育プログラムの内容

専門家の監修に基づいた「地震」に関する知識に加え、実際に体を動かして「身体を守る」体験をしていきます。

学校以外の場所でも「地震」が起きたときに自分の身体を守り、生きる事を第一に考えられる力を大切にしています。

身近なものを利用して「揺れ」を実感

身近なものを利用して「揺れ」を実感

 

  • 地震、って知ってる?
  • 地震の時、どんな事が起こるのかな?
  • 地震が続くの、どれくらい?
  • 「地震だ!」どこが安全かわかるかな?
  • 「揺れ始め」ってどのくらい?その間に何ができる?何をする?
  • 「身体を守る」ために、大事な「三つのポーズ」
  • 揺れてても、音がしても、「三つのポーズ」できるかな?
  • 外に逃げるときに気を付ける事は、なんだろう?・・・「お・か・し」だけじゃない、大事な事
  • 暗いところ、狭いところでも頑張ろう

実際の教室の様子はこちら 動画:藤井俊公氏撮影、Youtubeチャンネル「machihito」より

幼児にも伝わるように指導します。

地震からの体験型安全教育プログラムの対象年齢は3歳~です。子どもにも親しみやすい道具やキーワードを使用することで、幼くても自発的に「自分を守ろう」という気持ちになれるように指導します。

また、発達年齢に応じて、「自分の身体を守りつつ周りの人の避難にも目を向けていく」という共助の観点も取り入れていきます