ごあいさつ・略歴

img06

撮影 稲垣純也氏

 皆様、こんにちは。代表の清永です。

私は、少年非行やいじめ、子どもが被害に遭う犯罪事件、また阪神淡路、能登の地震等をわずかですが20年余り研究してまいりました。その間、どうすれば被害者にならずに自分自身を守ることができるのか、また逆に加害者にならずに育っていくのか、といったことを考えてまいりました。

そんな研究生活の中で、安全に過ごすために自分自身で自分を守ることを学ぶには、座って学ぶこと+体験しながら身につけ学ぶことしかない、との結論に基づき、たくさんの支援してくださる声に押され、本NPOを2012年9月に設立いたしました。

自分を守ることを体験しながら「安全基礎体力」をつけること。また危機を通して子どもを大人にする教育を、誠心誠意行ってまいりたいと思っています。

ご支援、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。

体験型の安全教育にご興味のある方、ご一緒に活動してくださる方、どうぞお気軽にご連絡ください。お待ち申しあげております。

代表理事 清永奈穂

 

略 歴

1994年立教大学文学部教育学科修士課程修了

1994年~1996年放送大学研究助手

1997年~1998年英国留学

2000年~現在 株式会社ステップ総合研究所設立 代表取締役所長就任

2001年~2002年 放送大学講師

2006年~2011.2月 日本女子大学市民安全学研究センター研究員

専門分野

教育社会学・犯罪行動分析。

研究分野

安全教育、地域安全、犯罪防止論、英国の市民教育(Citizenship Education)と安全教育(Safety Education)、非行・いじめ問題、青少年規範意識

著 書

『少年非行の世界』 (共著、有斐閣、1999年)

『世界のいじめ』 (共著、信山社、2000年)

『子どもの犯罪からの安全に関する教育委員会調査報告書』

(共著、2007年日本女子大学GP研究会)

『園・学校教育における地震訓練の効果と

子どもの行動に及ぼす影響に関する調査報告書

~能登半島地震体験を体験した幼稚園および小・中学校調査を通し ~』

(共著、2007年日本女子大学能登半島地震調査委員会)

『安全教育のこれまで・これから』

(共著、2007年日本女子大学GP研究会)

『防犯ボランティアリーダーマニュアル』

(共著、全国防犯連合会 2009年)

『犯罪からの子どもの危機実態に関する研究―小学校を中心としてー』

(日本女子大学総合研究所紀要 201011月)

『犯罪からの子どもの安全を科学する』

(共著、ミネルヴァ書房、2012年1月刊行)

『よくわかる教育学原論』

 (共著、ミネルヴァ書房 2012年4月刊行)(共著)

『犯罪者はどこに目をつけているか』

 (共著、新潮新書 2012年9月刊行)(共著)

『犯罪と地震から子どもの命を守る!』(小学館 2013年8月刊行)