スタッフ紹介

岡野育子(株式会社ステップ総合研究所 主任研究員/NPO法人体験型安全教育支援機構副理事)

体験型安全教育の実践初期から活動に参画、これまで日本全国7万人以上の子どもたちや保護者に体験型安全教育を指導。地域ボランティア向けの講演活動等もおこなっている。ユーモアと愛情あふれる授業や講演には定評があり、ファンも多い。「はんざいからの安全学習ノート」「はんざいからの安全学習ノート(指導者用テキスト)」執筆(2014年)、NHK「すくすく子育て」、日本テレビ「News Every.」等出演。

砂川優子(株式会社ステップ総合研究所 主任研究員/NPO法人体験型安全教育支援機構理事)

慶応大学法学部政治学科(社会学専攻)卒業後、信託銀行勤務。退職後二人の子育てをしながら公立、国立大附属小・中学校PTA副会長など歴任。ステップ総合研究所では幼児期からの体験型安全教育について研究するとともに、実際に幼稚園や小学校、中学校に赴き、児童・生徒に実践的な教育を指導。東京都青少年治安対策本部による体験型防犯プログラム作成にも関わっている。

今市市教育委員会主催教員対象防犯指導者講習会講師、深谷市教育員会主催子どもの安全研修会講師等つとめる

東京都福祉保健財団助成研究「子どもの安全ガイドブック(小学校児童保護者用基本編)」執筆(2017)、NHK「まいにちスクスク」等出演。

八手(堤)紘子(株式会社ステップ総合研究所 主任研究員/NPO法人体験型安全教育支援機構理事)

日本女子大学人間社会学部教育学科卒業、在学中は安全教育を専門とする日本女子大学教授清永賢二氏に師事する。同大学を卒業後、東京都内の私立女子中学・高校で社会科の教員として3年間教壇に立つ。発達障害、複雑な家庭環境、非行など様々な子どもを取り巻く問題に直面し、環境へのアプローチの重要性や、安全教育の意義を実感し、2017年社会福祉士の資格を取得。同年より㈱ステップ総合研究所で主任研究員として勤務する傍ら、学校等で安全教育を実践。妊娠葛藤相談窓口において相談員を務めている。

兵庫県県民大会 大会講演講師(2018年)、神奈川県教育委員会主催防犯指導者講習会講師(2018年)、深谷市教育委員会主催子どもの安全研修会講師(2017年)、等。

東京都福祉保健財団助成研究「放課後児童健全育成(学童クラブ)における安全」テキスト執筆。NHK「まいにちスクスク」等出演。