AERA「子どもが犯罪に遭いにくい町」

子どもの視野を実際に体験してみよう
子どもの視野を実際に体験してみよう

8月5日発売AERAにて「子どもが犯罪に遭いにくい町」が掲載されています。私たちの防犯教室も取材していただきました。ちょっとした隙に犯罪は起こります。その隙を町全体で埋めるのがまず大事なことですが、それが不完全な場合、子どもが襲われる確率も高くなります。その際に子どもが自分でどう守るか、知って体験しておかなければなりません。

今回AERAでは犯罪が起こる町の原因を探るとともに、子ども自身に力をつけるにはどうしたらよいかを、探っています。お時間があれば、お手に取ってみてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*