インターネット・SNSの安全

当機構は、発達段階に合わせて低学年、中学年、高学年それぞれにSNS・インターネットに関する体験型安全教育を行っています。
低学年では、まずどのような機器をいつ、なぜ、なんのために持つのか、を考えるところから始まり、
それぞれのあぶなさ、便利さ、そしておうちでのお約束などについて考えることから授業を始めます。

高学年の授業では、「わかっているけれどやってしまう」を前提として、危機を予測するだけではなく乗り越えることを、
そして、ただネットの術(すべ)だけを教えるのではなく、実は犯罪者の行動、つまり他の連れ去り等の授業の連続性にあることを念頭に授業を行っています。
荒川区尾久小などでは授業後、先生方から「狙い通りでした。子どもたちは、便利だけれど、使い道を間違えると怖いところもあるSNSによる犯罪、トラブルについて真剣に考えだのではないか」との言葉をいただきました。
SNS・インターネットの安全教育も、連れ去り、暴力などからの安全教育も、実は地つながり上にあります。
ぜひ発達段階に沿った安全教育を体験ししていただけたらと思います。